埼玉県 朝霞の家

朝霞の家 外観 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所
朝霞の家 外観 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

おおらかに


なるべく仕切らず大きな部屋を作ること。
限定しメリハリをつけた仕上にすること。
そしてシンプルでリーズナブルなディティールとすること。

設計上の与条件の整理、構成バランスの工夫、建主の心意気、施工者の努力によって、低予算ながらも、この建物は生き生きした、シンプルでおおらかな、心地よい住まいになった。


朝霞の家
木造 / 3階建て / 住宅 / 新築 / 埼玉県朝霞市 / 2006
設計・監理:小形 徹 * 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所
構造:永田構造設計事務所 / 設備:波田野建築設備設計事務所 / 施工:株式会社カクイホーム


朝霞の家 ルーバー 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所
朝霞の家 ルーバー 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

朝霞の家 ポーチ 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所
朝霞の家 ポーチ 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

朝霞の家 玄関 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所
朝霞の家 玄関 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

朝霞の家 実験用流しを使った洗面室 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所
朝霞の家 実験用流しを使った洗面室 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

朝霞の家 階段 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所
朝霞の家 階段 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

朝霞の家 リビング 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所
朝霞の家 リビング 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所


朝霞の家 シンプルな造作としたキッチン 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所
朝霞の家 シンプルな造作としたキッチン 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

朝霞の家 ステンレスカウンター 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所
朝霞の家 ステンレスカウンター 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

朝霞の家 ルーバーで囲まれたバルコニー 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所
朝霞の家 ルーバーで囲まれたバルコニー 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

朝霞の家 大きな屋根裏のような三階 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所
朝霞の家 大きな屋根裏のような三階 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

朝霞の家 大きな屋根裏のような三階 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所
朝霞の家 大きな屋根裏のような三階 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所


敷地は東京近郊の住宅街に立地します。木造2階建て住宅を木造3階建てに建替えました。
道路に面する2階・3階に木製ルーバーで構成したバルコニーを設けました。このバルコニーは建築面積に算入されない構造とし、敷地面積を十分に使い切ると共に、部屋の広がりと開放感を強調し、アウトドアリビングとしても機能します。

バルコニーの下にビルトイン型の駐車スペースを設けました。その奥が玄関です。
玄関引戸の前に縁側のような台を設け、そこで靴をぬぎます。近所の子供たちが大勢集まっても十分な広さの玄関です。

2階に設けたリビング・ダイニング・キッチンには、大きなステンレスカウンターを設け、それを家の中心としました。調理やその準備をしたり、朝食やおやつを食べたり、子供たちが宿題をしたり、あるいは寝る前の一杯を楽しんだり、そんなふうに暮らしの中心になります。

リビング・ダイニングとキッチンとの間に段差を設け、カウンターの高さが、キッチンに立つ人にとっても椅子に腰掛けてカウンターを使う人にとっても、ちょうど良い高さとなるようにしました。

道路側正面は壁の端から端まで、床から天井まで、全面開口の窓になっています。
その先には木製ルーバーで囲まれたバルコニーが続きます。リビング・ダイニングが拡張された、アウトドア・リビングです。

2階から3階へ上る階段脇の大きな窓から、明るい陽光がキッチンに届きます。
また床の一部はすのこになっていて、2階と3階の気配をつなぎます。

3階は、大きな屋根裏部屋のような雰囲気です。
道路側正面はすべて開口、柱や筋交いなども露出しています。
南に向いた階段脇の大きな窓は、階下に明るさと通風をもたらし、隣の屋根の上に空が広がります。



このページの最初に戻る
プロジェクトに戻る

小形 徹 * 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所
Toru Ogata * Yumiko Ogata + Prospect Cottgae Architects