私たちの考え方


静かな場所で、いつか見た風景

親しみやすく穏やかで、同時にふっと気持ちをどこかへいざなってくれる、そんな家や建築の風景を大切にしたいと考えています。

住まいや建物にはその目的を成すための様々な計画や工夫が必要です。またそれを実現するために様々な人々と協力し合って作り上げてゆくことも必要です。私たちはそれらに真剣に丁寧に向き合い、そのプロセスを建主さんと共に進めてゆきます。

そして、そのプロセスを経て出来上がった建物が、日常を暮らす場所が、ふとした瞬間に、いつかどこかで出会った場所や、感情、思いへと、人をそっと押し出すきっかけとなれば、と考えています。

日々の暮らしと人の気持ちのあいだに、人それぞれの建築や風景が現れる。それこそが大切なことであり、それがひとつひとつの建物を丁寧につくることで得られる大きな価値だと考えています。


業務の流れについて

設計から建物の完成までのおおまかな流れは通常以下のようになります。
また、このうちの一部のみをお引き受けすることも可能です。
依頼するかどうかは別としてざっくばらんに話をしてみたい方も、問い合わせページからどうぞお気軽にご連絡下さい。


1. 設計

1-1. ヒアリング

建主さんやご家族から、さまざまなお話をうかがいながら、どんなことをそこで実現したいかなどを明らかにしていきます。
そしてその過程で、まだ言葉になっていないけれど、確かにあるというようなイメージも探していきます。


1-2. 基本設計

具体的な敷地状況や、その場所の潜在的な可能性を読み取り、それを引き出す方向性をみきわめます。
建主さんとスケッチや図面・模型などでやり取りを繰り返し、だんだんと、あー、これだよね!というものに近づいていきます。
また、仕上材料のサンプルを取り寄せてその質感や色を確認したり、ショールームに行って実物を見たりしながら、実際につくるもののイメージを確かなものにしていきます。
そのようなプロセスを建主さんと共有し、お互いに理解を深めることによってできた考え方を、基本設計として図面と模型にまとめます。


1-3. 実施設計・積算・申請業務

実際に建設するための情報としての図面を製作します。
それをもとにいくつかの施工会社に見積りを依頼します。見積りをひとつひとつ細かく精査し、価格・技術・信頼性といった観点から調査し、建主さんに、お願いすべき施工会社を推薦します。
あるいは、基本設計が確定した段階で施工会社を選定し、その施工会社と基本設計段階から工事費や工法などを相談しながら設計内容や工事費をまとめてゆく場合もあります。
他、事情と状況に応じて建主さんと相談したうえで、決めてゆきます。
また計画している建物が法的に適合している旨を関係行政機関に申請を行います。


2. 工事監理

工事段階では、図面どおりに施工されているか確認し、必要に応じて指示を行います。
工事がうまくいくように調整し、スムーズに進行するように現場確認を行います。
また、工事の進行に合わせ、必要な各種関係機関による検査等を受けるための準備なども行います。


3. 竣工とその後のこと

工事が完了し、建主さんにも検査をしていただきます。そして引渡しとなります。
建物が完成した後も、設計し監理した責任において、建物のその後についてアフターケアを行います。細かなことでもご相談ください。


4. 設計・監理契約および費用について

設計・監理契約は、建主さんと私どもの間で取り交わします。
費用は工事費全体の10%~15%程度が目安です。内容や規模等によって建主さんとご相談させていただき、決定しています。この中には交通費や、構造および設備の設計・監理費用も含みます。



このページの最初に戻る

小形 徹 * 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所
Toru Ogata * Yumiko Ogata + Prospect Cottgae Architects