横須賀の家 久里浜

横須賀の家 久里浜 吹抜けと高窓 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

光のシークエンス


建設当時三十歳手前だった夫婦が建てた家。

予算は少なく、そこで暮らすことができるなら倉庫のようなもので良い、そう二人は考えていた。大切にしたことは、その内部にどのような光を採り入れるかだけだった。

竣工からはや二十五年、今も変わらず、移り変わる静かな光をその内部に湛えている。



久里浜の家
木造 / 2階建て / 住宅 / 新築 / 神奈川県横須賀市 / 2002 / 1995
設計・監理:小形 徹 * 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所
施工:秋山建設株式会社


横須賀の家 久里浜 外観 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

外壁はガルバリウム鋼板小波素地。外構の土留めには枕木を重ね、その上に杉板塀。

横須賀の家 久里浜 吹抜けと高窓、黒い窓 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

吹き抜けの天井高さは4.5M。黄色の窓と呼んでいる板戸は竹の棒で開閉する。この東に向いた高窓から朝の光が入ってくる。もう一方の黒い窓も開閉する。その向こうは二階の書斎。

横須賀の家 久里浜 居間1 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

横須賀の家 久里浜 居間2 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

吹き抜け下の東南の角には地窓。ガラスははめ殺し。その手前に簾をかけて柔らかい光にしている。壁内に収納された板戸によって閉じることができる。南側には掃き出し窓。竣工後15年程してから、ベンチや棚そしてテーブルの天板をとどまつの三層パネルで製作した。

横須賀の家 久里浜 居間3 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

カーテンの向こうは玄関と階段。壁面の黒々とした孔はTV。
右手の白い家具は造作したもの。反対側にある台所から使う食器棚と表裏一体になった収納家具。設計時には他にも造作家具を計画したが、予算の関係で実現したのはこの家具と台所の吊戸棚だけだった。

横須賀の家 久里浜 居間4 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

横須賀の家 久里浜 ベンチ 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

横須賀の家 久里浜 地窓 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

横須賀の家 久里浜 台所1 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

台所。他の部分から独立しているが、天井までは届かない収納家具によって仕切っているため、声や雰囲気は途切れない。この収納家具を中心にぐるっと回れるプランになっている。正面は勝手口、その先の庭の一角に出る。

横須賀の家 久里浜 台所2 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

吊戸棚は造作家具として製作した。角に小さな採光・換気窓を設けた。天井までの引戸の向こうは洗面室・浴室・トイレ。

横須賀の家 久里浜 玄関 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

玄関。土間とホールをあわせて四帖。

横須賀の家 久里浜 玄関 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

横須賀の家 久里浜 階段 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

階段。手前上部の張り出し部分は和室の押入。

横須賀の家 久里浜 階段 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

横須賀の家 久里浜 和室 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

二階の和室。この他二階には書斎と納戸を設けた。
書斎は幅1.8m×奥行き7.2mの細長い空間。

横須賀の家 久里浜 書斎 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

横須賀の家 久里浜 吹き抜け見下ろし 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

書斎の黒い窓から吹き抜けを見下ろす。

横須賀の家 久里浜 ガルバリウム鋼板の外壁 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

横須賀の家 久里浜 アプローチ 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

神奈川県横須賀市の古い分譲住宅地に建つ家。建設当時、建主は大きさについても、仕様や仕上についても、夫婦2人が住むのに不足がなければ、それで十分と考えていた。彼らはがらんとした倉庫のような空間をイメージしていたのだ。

プロジェクトを進行するにあたり、外形7.2m角のキューブを、この住宅のための基準となる大きさとして選択した。そしてそこからユーティリティースペースなどの必要な機能を確保し、その後に残ったヴォイドが、このプロジェクトのサイトになった。

五つの光の孔を、外部の世界とこのヴォイド/サイトを関係付けるものとして導入した。一日を通して、また季節の移ろいと共に、光が窓から様々な様相で入ってくる。ヴォイドは、刻々とその表情を変えてゆく。光とそのための開口部のデザインが丁寧に扱われ、ヴォイドに生命を吹き込んだ。ヴォイドは、光のシークエンスと共にある静かで穏やかな場所になった。

建物自体は1995年に竣工し、外構部分を2002年に追加し現在に至っている。内部はほぼ竣工当時のまま保たれている。シンプルでありながら、表情豊かな住まい。

横須賀の家 久里浜 竣工時の外観 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所

横須賀の家 久里浜 ダイアグラム 横須賀の設計事務所 小形徹 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所



このページの最初に戻る
プロジェクトに戻る

小形 徹 * 小形 祐美子 プラス プロスペクトコッテージ 一級建築士事務所
Toru Ogata * Yumiko Ogata + Prospect Cottgae Architects